PR

 個人情報や製品情報などをICチップ内のメモリーに記録しておき、それを無線で読み出す非接触型の認証技術のこと。無線ICタグ、ICタグ、非接触ICチップなど、さまざまな呼び方がある。ICチップは、カードに埋め込まれたり物に取り付けられ、これを読み取り機(リーダー)にかざすと、無線で各種の情報を取り出せる。電子マネーなどにも利用されている。

 RFIDで使われるICチップの大きさはゴマ粒より小型。ICチップにアンテナを付けたものがRFIDで、数cm程度の大きさとなる。RFIDには電池がなく、リーダーを近づけるとそれが発信する電波で電流が生まれ、その瞬間だけ回路が動く仕組みになっている。

 最も身近なRFIDは、JR東日本のSuicaやビットワレットのEdy。今後は、自分の個人情報を記録したデジタルIDとして、パソコンのログイン時やチケットの受け取り時に活用される可能性が高い。また、商品に取り付けることで、小売店での精算時間の短縮や食品の生産地情報の取り出しなど、生産、在庫、品質管理への応用も考えられている。