PR

 米インテルのCPU製品が搭載している、不正なプログラムによるバッファーオーバーフローの悪用を防止するためのCPUの機能。米AMDのCPU製品が搭載するNXビットと同一の機能を持つ。メモリー領域を監視して、不正なプログラムがデータ保存領域で動作しようとするとエラーを発生させる。Windows XP Service Pack 2が備えるDEP機能などのソフトウエアと協調して動作する。XDは「Execute Disable」の略。Pentium 4のプロセッサ・ナンバにJが加わった製品以降で対応した。