PR

 1台のコンピューター上で複数のOSを稼働させるための技術、または、複数のコンピューターを1つのハードウエアであるかのように見せる技術。

 前者の場合、異なるシステム環境を必要とする複数のアプリケーションを使う際に、システム環境ごとにコンピューターを用意する必要はなく、システム性能が許す限り、1台のコンピューターで運用できるなどのメリットがある。

 ホストとなるOSの上で仮想マシンを実現するソフトが稼働し、そのうえでゲストとなるOSが起動する方式や、汎用のOSを使わずに仮想マシン環境を実現する専用ソフトがハードウエア上で直接稼働することで、複数のOSを起動可能にする方式などがある。

 Windows Vistaでは、大企業向けバージョンであるEnterpriseエディションに、Virtual PC Expressという仮想化ソフトを用意する。また、CPUメーカーもOSの仮想化を支援するCPU仮想化技術を開発している。米インテルのVirtualization Technologyや、米AMDのAMD Virtualizationなどがある。