PR

 米インテルのPentium DやCore 2 Duo、米AMDのAthlon 64 X2などで採用された、1つのCPUに2つのコア(演算回路の総称)を搭載する技術のこと。2つのコアを搭載したCPUそのものを指すこともある。

 CPUの動作周波数は3GHzを超え、さらに上げることが次第に難しくなってきている。そこで、コアを2つにすることで、総合的に性能を向上させることを目的に開発された。4つのコアを搭載したクアッドコアCPUの開発も進んでいる。