PR

 ファイルなどを暗号化する際の、暗号化鍵を保存するチップ。一般にはTCG(Trusted Computing Group)という業界団体が規定したTPM(Trusted Platform Module)を指す。ノートパソコンなどで採用が増えている。

 ファイルを暗号化した場合、通常は暗号化鍵もファイルと同じハードディスク(HDD)上に保存される。しかし、これだとHDDだけを取り出して暗号化鍵を第三者が検出することが可能になる。セキュリティチップが搭載されたパソコンでは、暗号化鍵をセキュリティチップ上に保管できるので、パソコンを正常に起動することができない限り、暗号化したファイルが開かれてしまうことはない。