PR

 燃料を化学反応させることで電気を取り出す次世代のバッテリー。ノートパソコンや携帯電話など、長時間駆動の要望が高い情報機器への搭載が見込まれている。メタノールを燃料に使う場合、空気中の酸素と化学反応して電気を作り出すと同時に、水と二酸化炭素を排出する。現在のリチウムイオン電池と比べてエネルギー密度を高くでき、低価格化も実現できる。現段階では、燃料をどのように補給するか、排出される水と二酸化炭素をどのように処理するかが課題となっている。カシオ計算機、日立製作所、NEC、東芝などが開発を進めている。2007年ごろから製品化する見込み。