PR

 インターネットに見られる、「生起頻度の低い要素が数多く集まった合計が、全体に対して無視できない割合を占める」現象のこと。インターネットショッピングで、売上の全体に対してニッチ商品が占める割合が、現実の店舗に比べて高いことを説明するときなどに引き合いに出されることが多い。

 従来のビジネスの世界では「全体の商品のうち2割が売上の8割を占める」という通説があった。この場合、残りの「8割のニッチ商品」はすべて売っても売上全体の2割にしかならない。しかし、インターネットの世界では在庫・流通管理にかかるコストが従来のビジネスに比べて低く、かつショッピングサイトなどの検索や製品紹介の機能を使うことで、店頭では見逃されていた商品にユーザーが到達できる可能性が高くなる。そのため、インターネットショッピングでは膨大な在庫から多品種の商品が少しずつ売れる傾向にある。

 縦軸に販売数量、横軸に販売ランキング順に商品の売上高を表したグラフを描くと、「8割のニッチ商品」の部分は横に長く伸びた形を描く。これを尾の長い動物の横からの姿に見立ててロングテール(長い尾)という。

 もともとは、米WIRED誌のクリス・アンダーソン(Chris Anderson)氏が「the Long Tail」という記事でこの説を提唱したのが始まりといわれる。