PR

 主に移動しながら視聴する受信機向けの、地上デジタル放送による低画質のテレビ放送サービス。2006年4月に在京キー局が放送を開始した。地上デジタル放送は 6MHzの周波数幅の電波を用いる。この周波数幅は13分割でき、分割したそれぞれをセグメントと呼ぶ。12セグメントを使うのが、通常の高画質な地上デジタル放送であり、ワンセグは、残った1セグメント分を用いたデータ量の少ない放送になる。画質は劣るが、携帯電話やカーナビ、モバイルパソコンなど性能の低い端末でも受信しやすい。

 当面は、地上デジタル放送と同じ番組編成で放送する。この方式をサイマル放送と呼ぶ。