PR

日経BP社から徒歩3分の場所にある、ヨン様こと、ぺ・ヨンジュンがプロデュースした韓国レストラン「ゴシレ」だ。
オープン当初から、ヨン様ファンのおば様たちで大賑わい。
お手軽なランチタイムは、いまだに三ヶ月待ち。

しかし、タントーサトーが予約をとってくれた。
それも、お値段の張る、夜である。
「大丈夫です、会社のアフィリエイト忘年会ってことで・・・」
いやっほう!小躍りしながら出かけた。

夜のヨン様レストランはライトアップされており、幻想的ないい雰囲気。
同行したやはり日経パソコンのリボーンN氏は、
「会社のすぐ近くに、こんな建物がァァァァ!!!」と、呆然としていた。

お店の内装やユニフォーム、料理は、ヨン様主演映画「スキャンダル」の製作にかかわった専門家たちのアドバイスによる本格的なもの。
だから、韓国料理といっても、ここで供されるのは韓国宮廷料理。
チャングムが作っていたような、材料や調理法にこだわったものよ。

ドキドキして待っていたら、広い通路の向こうから戸板のようなものを男性達が運んでくる。
「なんじゃらほい?」
目を凝らすと、戸板の上には料理の入った小皿がギッシリ並んでいる。
その戸板をそのまま、ズリズリっとテーブルに載せるのよ。
王様になったような気分。迫力があるわぁ。
CIMG1004.JPGCIMG1006.JPG

「おおっ、美しい」息を呑んだタントーサトーとトコであった。
これらは前菜で、メインは、生野菜。
それも、ナス丸ごとや、生しいたけをそのままいただく、というもの。
「あ、甘いね~、ナスってこんなにジューシーなの」と興奮したわ。

店内にはヨン様色はみじんもなく、センスのよさが伺えた。
「ヨン様ファンよりも、チャングムファンのほうが喜ぶよね」
海鮮なべ、お肉、釜飯、と、おなかいっぱいになった。
しかし、食べれば食べるほど、カラダの中からキレイになっていくような、
すがすがしい献立でしたわ。

幸せ感いっぱいで、店を出たらタントーサトーがささやいた。
「トコさん、もっとがんばりましょうね、アフィリエイト」
吹き抜ける風が、いきなり冷たい・・・。

(ふぅ、今週の報酬だ。アマゾン67円。楽天590円。バリュー2円。後は0。せっかくのおいしかったご飯が・・・)

注:唐突に登場した、リボーンN氏。
名前の由来は40歳過ぎて体を鍛えなおしたそうなので、リボーンってことで。
髪にリボンをつけているわけではありません、念のため。

これが「スキャンダル」。冬ソナのヨン様のイメージが・・・。
やっぱりもう一度みたいチャングム。

作ってみたくなった、チャングム料理。

タントーサトーより:
来年はトコさんのアフィリエイト報酬でゴチになります。
あー、楽しみ。