PR

「どんなバナーをはってますか?」
マリオ飯嶋から尋ねられた。
「普通のバナーですね。あんまり大きいのはこのごろ面積がもったいない
と思うようになって、小さなののほうが沢山貼れるかなぁ、と」

「そうですね。さりげなく貼るのが流行ってますよ」
「やっぱりね。でもいつもいつも思うんですけど、どの場所に貼るのが有効でしょうか?」

トコは、いつも疑問に思っていたの。
たとえばブログの中で、
「産毛取りのエピスティック、買っちゃいました。暇つぶしにもなるよ」

エピスティックに抵抗している我が家のスーちゃん。
「やめてよぉ。うぶ毛じゃないって。僕は毛がはえてていいのっ。」

と書いた直後に、

こういう風に商品バナーを貼ったほうがいいのだろうか?
それとも、最後まで文章を読んでもらってから貼った方がいいのだろうか?

さらに、最近トライしていたのだが、文中にテキストとして挿入するというテクニックだ。
ぺたぺたバナーを貼るのも芸がないと思い、文章を読ませながら誘導する、というもの。

「台湾伝統の糸で絡めとる産毛取り方法にアイデアを得たんだって。
カミソリ負けする人にも朗報のエピスティック
は、細かいところ用のミニもそろえると便利。」
というように、ブルー字の部分からサイトに飛ぶようにする方法だ。

実は、トコ、このブルー字のテキスト利用のほうが、いやらしくないかな、と思っていたのさ。
ところがっ!!
マリオによると、「それは、逆」とのこと。

文中で商品サイトに誘導すると、売らんかな的な匂いがプンプンして、敬遠されるそうな。
「文章の中にブルーの字が沢山あればあるほど、宣伝的な感じがしてしまいますよ」
だって。
それよりも、文章を読ませてしまって、最後に、バナーをしれっと貼るのが、いいそうな。
売り上げが上がっているサイトの方は、みんなそうらしいよ。

そうか。
ここまで書いてなんですが。買っちゃった、エピスティック。
実際に使った時よりも、届くまでのほうが、期待が盛り上がって楽しかった。

お買い上げ一万円以上で、エピスティックプレゼントですって?
粗品扱いかよっ!!

リボーンNより:
試しにバリューコマースに登録してみたのですけど…あっごめんなさい、12月7日の日記にあったバナーを見落としておりました。

それから、すね毛を剃る友人がいるのですが、そんな彼にもオススメですか、エピスティック?