PR

 データ記録媒体としてすっかり定着したDVD±Rメディア。DVD±Rは記録したデータを書き換えられないため、一度データを記録したらそれで完成、という使い方がほとんどだろう。しかし、データを記録した後に何度もデータを追記する、といった使い方もできる。今回はDVD±Rの記録、追記方式について取り上げる。

 DVD-Rの記録方式には、「ディスクアットワンス」と「インクリメンタル」の2種類がある。ディスクアットワンスは、一筆書きと例えられるように、まとまったデータを一気に記録する。記録後は「ファイナライズ」処理をしてメディアを完全に閉じてしまい、追記できないようにする。ユーザーデータを「リードイン領域」と「リードアウト領域」で挟んだDVD-ROMのデータ構造(図1上)とほぼ同じなので、再生専用ドライブでの再生互換が高いのが特徴だ。

 インクリメンタルは、複数回に分けてデータを記録する方法(図1中)。再生専用ドライブと再生互換を取るために「ボーダーイン領域(メディアの先頭はリードイン領域)」/「ボーダーアウト領域」でユーザーデータを挟む。この状態をクローズと呼ぶ。クローズ処理には回数の制限がない。クローズしたデータ単位は「ボーダー」と言い、複数のボーダーが記録してある状態を「マルチボーダー」と呼ぶ。

 DVD+Rの記録方式は「シーケンシャル」の1種類しかない(図1下)。記録方法はDVD-Rのインクリメンタル方式と同じ。ただし、こちらではユーザーデータを「イントロ領域(メディアの先頭はリードイン領域)」と「クロージャー領域」で挟みクローズ状態を作る。このクローズの単位を「セッション」と呼び、複数のセッションが記録してある状態を「マルチセッション」と言う。