マイクロソフトの「Windows」が今の地位を確立する上で、1995年8月に登場した「Windows 95」の存在は大きい。パソコンを一気に広め、そして同時にインターネットの時代が幕を開けた。