PR

 Web2.0とは、最近注目を集めている新技術を取り込んだWebサービスをひとくくりにした概念です。米国の技術系出版社オライリーのティム・オライリー社長が提唱しました。同氏はWeb2.0 に関する論文の中で、従来のWebページ(Web1.0)と比べて、Web2.0にどんな違いがあるのかを述べるとともに、今後のWebサービスの方向性を示しています。

 Web2.0にはさまざまなWebサービスが含まれますが、大まかにまとめると「多数のユーザーが参加して情報の質とサービスの価値を高める」という点がポイントです。従来のいわゆるWeb1.0と呼ばれるサービスでは、単に情報を掲載するだけで、ユーザーは参加できませんでした。

 では、ここからは具体例を挙げながら説明していきましょう。

 オライリー氏は、Web2.0時代を象徴する例として「ブログ」の流行を挙げています。ブログはRSSと呼ばれる技術で更新状況を読者に通知できます。記事にリンクを張るトラックバックという仕組みもあります。こうした機能によって、従来のホームページと比べて、ユーザー同士のつながりが格段に強くなり、情報の価値を高めているといいます。

 従来のオンライン百科事典と対比できるのが、ユーザーが記事を投稿できる百科事典「ウィキペディア」です。ウィキペディアではユーザーが日々情報を更新し、時間が経過するほど内容は強化されていきます。オライリー氏は「利用者が増えればサービスは自然と改善される」ことがWeb2.0の原則としています。

 Webページの広告でも、変化が起きています。従来は、利用者が多いポータルサイトにバナー広告を掲載するのが一般的でした。これに対する新しい広告の配信方法が「Google AdSense」のような検索連動型の広告配信方法(アフィリエイト)です。こうした仕組みを利用すれば、広告主は末端の個人サイトにまで広告を配信できます。

 ネットサービスの提供業者は、Web2.0というキーワードに沿った新しいサービスを競うように開発しています。例えば、ソニーコミュニケーションネットワークは、ブログで話題になっているキーワードを図示するツール「Blog Keyword Visualizer」(左から3枚目の図)を公開。「将来は『車』に関するキーワードだけを図示するなど、情報分析にも応用できる」(竹内彰一リサーチオフィサー)と機能強化を、ユーザーの獲得につなげていく方針です。

【Web2.0といわれるサービスが続々登場】
拡大表示
ユーザー同士がお互いに情報を交換する、さまざまなWeb技術を統合するといった要素を持つ新しいWeb サービスがWeb2.0といわれている。こうした進化を重ねることで、従来のパッケ-ジソフトが持っていた機能が将来的にはWebサービスへと置き換わっていくと見られている