PR

 Internet Explorer(IE)のアドレスバーに数文字入力するだけでその文字列に一致したURLなどを表示してくれる機能を「オートコンプリート」といいます。IEのアドレスバーだけではなく、Webページ上のIDやパスワードなどの入力欄に対してもこの機能は適用されます。オートコンプリートでは過去にそのパソコンで入力したことがあるURLなどを表示してくれるのです。

【数文字打つだけで候補が出てくる】
Internet Explorer(IE)のアドレスバーに数文字ローマ字を入れるだけで、以前アクセスした履歴からそのローマ字を使うURLの候補を出してくれる「オートコンプリート」機能

 こういった機能は入力の手間を省く意味で便利ですが、以前自分が入力したURLを他人に見られてしまうというデメリットもあります。ここではそれらの入力履歴を消去したり、オートコンプリートの機能自体をオフにする方法を解説しましょう。

 まずは入力履歴の消去です。IEのアイコンを右クリックして「プロパティ」を選択。「全般」タブの「履歴」欄にある「履歴のクリア」を押せば、URLの履歴が消えます。つまり、アドレスバーに表示されるURLの候補を消去できるのです。URL以外の履歴は「コンテンツ」タブの「オートコンプリート」をクリックして、表示される「オートコンプリートの設定」から消去できます。「オートコンプリート履歴のクリア」にある「フォームのクリア」または「パスワードのクリア」を選択します(それぞれの違いは下図参照)。

【URLの履歴を消す】
IEのアイコンを右クリックし、メニューから「プロパティ」を選択。「全般」タブにある「履歴のクリア」ボタンで過去にアクセスしたURLの履歴を削除

 次にオートコンプリート自体の機能をオフにしてしまう方法を紹介しましょう。前述した「オートコンプリートの設定」画面で「Webアドレス」、「フォーム」、「フォームのユーザー名およびパスワード」のいずれか、もしくはすべてのチェックマークを外せば、該当するオートコンプリートは動作しないようになります。「フォーム」のチェックボックスをオフにすると文字入力全般、「フォームのユーザー名および~」のチェックボックスをオフにするとユーザー名とパスワードのみのオートコンプリートが無効になります。「パスワードを保存する確認をする」は「フォームのユーザー名および~」のチェックボックスを外せば自動的にグレーアウトします。