PR

 メール本文のバックアップをとるには、Outlook Expressで送受信したメールのデータをそのまま別の場所にコピーしておく方法をお勧めします。メールを一つひとつ開き、本文をテキストファイルにコピーするという手もありますが、件数が多いと大変な手間がかかるので、現実的とはいえないでしょう。

 まず、データをバックアップしておくためのフォルダーをどこかに作成しておきましょう。次に、メールのデータが保存されている場所を調べます。Outlook Expressの「ツール」メニューから「オプション」を選択し、「メンテナンス」タブを開くと「保存フォルダ」というボタンがあります。これをクリックすると、データの保存場所が表示されます。

 次に、このフォルダーを開きます。エクスプローラでフォルダーをたどっていってもいいのですが、Outlook Expressのメールデータは非常に深い階層に保存されているので、少し面倒です。それよりも、もっと簡単な方法があります。

 まずダイアログボックスに表示されている保存場所を、マウスを使ってコピーします。保存場所の表示が途中で途切れていても、マウスを右方向に動かせば最後の文字まで選択できます。次に、Windowsの「スタート」ボタンをクリックして「ファイル名を指定して実行」を選びます。ここに先ほどコピーしたデータを貼り付け、「OK」ボタンをクリックすれば、該当のフォルダーが開きます。

 フォルダー内にある「.dbx」ファイルが、メールのデータです。「受信トレイ」「送信トレイ」など、OutlookExpressでメールを分類していたフォルダーごとに保存されています。目的のデータを選択してコピーし、最初に作っておいたバックアップ用のフォルダーに貼り付ければ、バックアップは完了です。

【メール本文のデータをバックアップ】
拡大表示
「ツール」→「オプション」を選択し、「メンテナンス」タブを開く。ここを見れば、メールのデータが保存されているフォルダーが分かる。該当するフォルダーの中にある「.dbx」ファイルが目的のデータだ。これをコピーし、バックアップ用に作っておいたフォルダーに貼り付ける

 バックアップしたメールデータをOutlook Expressで読み込むには、「ファイル」メニューから「インポート」→「メッセージ」を選びます。ウィザードに沿って設定を進めていくと、「場所の指定」と書かれたダイアログボックスが表示されます。ここでは「Outlook Expressストアディレクトリからメールをインポートする」を選び、次のダイアログボックスで先ほどデータをバックアップしたフォルダーを指定しましょう。こうすれば、Outlook Expressにデータが読み込まれます。

【読み込むデータを選択する】
バックアップをとった「.dbx」ファイルが入っているフォルダーを指定する