PR

 2進法や16進法とは、数値の表現方法の一つです。日常、私たちが数を表現するのに用いる10進法とは、桁の繰り上がり方が大きく異なります(下)。パソコンの内部での数値の扱われ方を表現するのには、10進法ではなく、2進法や16進法の方が適しています。

 2進法では0と1の2個の数字しか使いません。0、1の次は桁が上がって、10(いちぜろと読みます)となるのです。2進法を10進法に直すには、10進法と同様に、各桁が2の何乗になっているかを考えれば簡単です。10進法で1111は、1×(10の3乗)と1×(10の2乗)と1×(10の1乗)と1×(10の0乗)の和を表しています。同様に2進法で1111は、1×(2の3乗=8)と1×(2の2乗=4)と1×(2の1乗=2)と1×(2の0乗=1)の和になり、10進法で換算すると15となります。

 パソコン内部のCPUやHDDは電圧の高低や磁性体の向き(すなわち1か0か)でデータを表現しています。2進法で命令やデータを処理しているのです。

 しかし、2進法では、数値が大きくなると桁が長くなってしまいます。そこで、パソコン内部の数値の扱いでは16進法もよく使われます。16進法は、16の値ごとに繰り上がり、10進法の数字に加えて10から15までの数字をA(10進法で10)、B(同11)、C(同12)、D(同13)、E(同14)、F(同15)で代用する表現方法です。2進法の4桁はちょうど16進法の1桁にあたります。先ほどの1111という2進法の値は、10進法だと15ですが、16進法ならFになります。長い2進法の数値でも4 桁ごとに区切って、それぞれを16進法の数値の1文字に置き換えればよいのです。

 なお、2進法や16進法の数値は、Windows に標準で入っている「電卓」を使うと簡単に変換できます。最初に電卓の「表示」メニューで「関数電卓」を選びます。数値を入力して、電卓の左側にある16進、10進、2進などのラジオボタンを切り替えれば、該当する表現方法に数値を変換することができます。