PR

 2007年あけましておめでとうございます!
 (これは僕からの新年のご挨拶です。クリックしてみてください。CLOSEボタンで閉じます。)


 この連載、いったい何人に読まれているのでしょうか・・・さっぱり見当もつかない中で、なんとか続けています。今年もよろしくお願いいたします。(質問、異論・反論ください。熱烈歓迎です。)

 さて、上記で紹介した「おとしだま」。実はこれ、面白法人カヤックでは毎年恒例となっている行事「年賀プロジェクト」から生まれたものなのです。

 今回はこの「年賀プロジェクト」について解説します。

年賀プロジェクトとは?

 弊社では、数年前から、紙の年賀状を完全に廃止し、WEBサイトにて新年のご挨拶状を公開しています。それをつくり公開するまでの一連の出来事を年賀プロジェクトと称しています。

 プロジェクトと名がつく以上、単なる挨拶状ではいけません。

 お世話になった方々に楽しんでもらうために、全社員が参加でこの年賀状サイトのために特別につくった作品を発表します。

 もちろん、僕ら自身が「この作品をつくる」プロセスそのものを楽しんでいるので、社内は盛り上がります。

 ここでプロジェクトの流れを紹介します。

 12月中旬になると、今年の作るべき作品のテーマを決定します。

 今年のテーマは、「干支(イノシシ)のブログパーツ(※注)」
 すなわち、冒頭で紹介した”おとしだま”のようなものです。

 テーマが決まるとカヤック&クーピーから何人かのリーダーを選出し、チームを編成します(今年は7チーム。1チーム6人~7人ぐらいとなりました)。

 それぞれのチームは、テーマに沿って発表する作品をつくります
 (毎年のように、テーマを無視するチームも出てきて困るのですが・・・)。

 年末の仕事納めの日に、どの作品が優れているか、社内コンテストをします。

 コンテストの当日まで、どこのチームもつくっているものを隠します。相手のチームをつぶそうと画策して偽の情報を流したり、スパイを使って他のチームが何をつくろうとしているか探ったりします。今年は、アイデアがもろにかぶったチームもありました・・・。