PR

拡大表示

拡大表示

拡大表示

 「VALUESTAR S」シリーズは、液晶部分を左右および上下に角度を調整できる一体型デスクトップ。春商戦ではテレビモデルの機能を強化。テレビチューナーが地上デジタル放送に対応したほか、デジタル放送の録画済み番組をほかのパソコン(同社の春モデルの一部)へネットワークで配信する機能も備えた。

 最上位モデルのVS790/HGは、Blu-ray Discの書き込みに対応した光学ドライブを搭載。デジタル放送の録画済み番組をハイビジョン画質でムーブ可能だ。

拡大表示

 AV機能が充実した一体型パソコン。書き込み型のBlu-ray Discドライブを搭載する。上位のVW990/HGは、32型の液晶と3波対応のデジタルチューナーを備える。録画したデジタル放送番組の配信も可能。

拡大表示

 日立製作所の「Prius One typeW」シリーズは、20.1型横長の大画面液晶を備えながら、奥行きわずか198mmと省スペースの液晶一体型デスクトップ。本体は上下に10度、左右に180度回転可能。視線に合わせて、画面の角度を簡単に調整できる。

 春モデルはテレビ機能を強化。テレビの映像をウインドウ表示できるようにしたほか、同社の家電向け映像機器に添付するリモコンとほぼ同型のリモコンを採用した。ディスプレイは、470カンデラ/m²と明るいS-IPS液晶を搭載。テレビの映像を鮮やかに映し出せるという。本体のデザインも一新した。上位モデルのAW37W5Tは、地上デジタル放送に加え、アナログ放送の視聴・録画が可能だ。

拡大表示

 17型液晶を搭載する低価格な液晶一体型デスクトップ。AW33S4Tは約20万円と、地上デジタル対応の一体型としては安い。AW31S4Tはテレビ機能を省いて約17万円と、さらに価格を抑えている。