PR

拡大表示

拡大表示

拡大表示

 Lm-i220Bは、最小構成時で5万円を切るデスクトップ。低価格ながら光学ドライブは2層記録対応のスーパーマルチドライブを搭載する。上位のLm-i420Bは、WindowsVista Home Premiumを搭載しつつ5万9850円と値ごろ感がある。最上位モデルのLm-i420Xは、Core2 Duo E6300(1.86GHz)を搭載して8万9880円だ。

拡大表示

 MCJの高性能デスクトップ。1GBのメモリー、2層記録対応のスーパーマルチドライブ、グラフィックスボードにGeForce 7600GSを搭載する。OSはWindows Vista Home Premiumだ。ST 4700Bは、Pentium 4 651(3.4GHz)を搭載して8万9880円。上位のST 4700Xは、Core 2 Duo E6600(2.4GHz)を搭載して12万9990円だ。

拡大表示

 直販サイト限定の新モデル。幅99mmとスリムなきょう体を採用した。薄型ながらHDDは2台まで内蔵可能だ。前面パネルは鏡面仕上げで、デザインにも特徴がある。CPUは、Celeron Dのほか、Pentium DまたはCore 2 Duoが選べる。最小構成の光学ドライブはCD-ROM。OSはWindows Vista Home Basic。

拡大表示

 ミニタワー型のきょう体を採用した直販向けデスクトップ。CPUにCore 2 Duo、光学ドライブに書き込み型のBlu-ray Discドライブを選べるようになった。きょう体は、最大4台までのHDDを内蔵可能。冗長性の高いRAID-5構成も選べる。OSはWindows Vista Home Basic。同じきょう体を持つ店頭販売モデルもある。

拡大表示

 ゲートウェイの低価格デスクトップ。全部で7モデルあり、いずれもメモリーカードスロット(SD、MS、xD、CF)を標準で搭載する。J3204は、512MBのメモリー、80GBのHDD、DVD-ROM 兼CD-RWドライブと、基本スペックを抑えて価格を5 万4800円に抑えた。企業向けOSのWindows Vista Businessを搭載したモデルもある。

拡大表示

 中上級者やゲームユーザーを対象にした高性能デスクトップ。GT5082jは、デュアルコアCPUのCore 2 Duo E6300(1.86GHz)を搭載する。光学ドライブは2層記録対応のスーパーマルチ。上位のGT5086jは、AMDのデュアルコアCPUであるAthlon 64 X2 5200+や、グラフィックスボードにG eForce 7600GSを搭載する。