PR

 私にはスパムがたくさん来る。そのほとんどはSpam Assassinが排除してくれる。ただしこれはISPが走らせているものなので、私自身が見たことはない。しかしそれでもスパムはたくさん来る。

 Outlookの迷惑メールフィルターは、スパムをあまり受け取らない。これは私にとって驚くことではない。私はここ数年、InBoxerというOutlookのプラグインを使っているからだ。

 InBoxerは、ベイズ解析を利用して独自の判定基準を作っている。ときどきInBoxerは混乱させられるが、そういうときにはファイルをいくつか削除し、InBoxerに既知のスパムのリストと必要なメールのリストを教えて、判定基準とデータベースを作り直す。これはそれほど難しくない。15分から30分かかるが、それが終わればInBoxerはきちんとスパムを選別してくれる。

 それでもスパマーは新しい手を考え付く。最新のものは、本物らしい件名と送信者名を使い、メールの中身に文学から無作為抽出したものが入っている。爆弾は添付ファイルだ。私は1つも開いたことがないので、添付ファイルが何をするのかは知らない。だから、なぜそんな手間をかけてまで、誰かが何かを私のメールボックスに入れるのかは分からない。InBoxerはそれらの対処法を学んできている。だが、それには時間がかかる。

 面白いのは、InBoxerが遮断した何千件ものメールの中に、どちらともいえないものが5件ほどあったことだ。遮断すべきでないのに遮断されたメールを見つけた場合は、それをそのままにするようにInBoxerに命じることができる。やりたければ、その送信者をホワイトリストに加えることもできる。

 私は1日に約500件の電子メールを受け取る。それはすべて、私のISPのSpam Assassinでは排除できなかったものだ。InBoxerはそこから約200件を遮断し、さらに私が“レビュー”する分を5件ないし30件とりのける。たいていは30件よりも5件に近い。

 しかし、スパマーが手の込んだ新しい方法を編み出すと、その数は増える。そしてそれは、InBoxerが新手のスパムを認識する方法を考え出せるぐらいたくさんの数になるまで続く。「簡潔な件名、ランダムなテキストファイルの中身」という新しいスパムが始まった時、レビューボックスには毎日25件ほど入ってきた。だが今は、10件以下に減っている。

 Outlookを使っているなら、InBoxerを試してみるべきだ。簡単に使えて、しかも非常に効果がある。推薦する。