PR

 Windowsの起動の遅いことにはイライラさせられる。デスクワークなら起動までの時間をそれなりにつぶすことはできる。しかし、商談などで急に資料を見せて欲しいなどと言われたとき、「少々お待ちください」と言いつつも、ぜんぜん“少々”でないところが悲しい。今回はVistaのセールスポイントのひとつである「ファストブート(高速起動)」を紹介しよう。

 Vistaも起動にはそれなりの時間がかかる。しかし、ハイバネーション(PCをいわゆる“冬眠”状態にして高速にリスタートする機能)を利用すると起動は速い。XPのハイバネーションには、デスクトップの状態をメモリーに保存する「スタンバイ」と、ハードディスクに保存して電源まで切ってしまう「休止状態」の2つがあった。前者はメモリーのバックアップのため通電しているがリスタートは速い。後者は電源消費は抑えられるがリスタートが遅い。Vistaではこれらの“いいとこ取り”をした「スリープ」が採用されている。

 もう少しVistaで採用されたスリープを詳しく説明しよう。デスクトップPCの場合、スリープを選ぶとデスクトップ状態をメモリーとハードディスクの両方に保存して数秒でハイバネーションが働く。つまり、すぐ冬眠状態に入るのだ。ノートPCでは電源ボタンを押すかカバーと閉じるだけで「スリープ」になる。ただし、ノートPCの場合は、デスクトップの状態はメモリー上に保存され、バッテリー容量が少なくなった時点で初めて、ハードディスクへの待避が行われる。デスクトップPCでは停電に備えて両方にバックアップし、ノートPCではバッテリ状態を見ながら臨機応変にバックアップ場所を変えるという、賢い設計になっている。

 リスタートさせるには、デスクトップPCではなんらかのキー操作を行えばいい。ノートPCでは電源ボタンを押すかカバーを開ける。スリープの最大の特徴は、とにかくリスタートが速いということ。特にバッテリーの持ちが気になるモバイルPCではスリープが標準的に使われることになるだろう。

 実際、スタートメニュー右下には「電源」ボタンと「ロック」ボタンしかなく、前者をクリックすると「スリープ」状態になる。「シャットダウン」や「再起動」は、「ロック」ボタンの左にあるサブメニューから選んで実行しなくてはならない。Vista初心者の中には「Windowsを終了できない」と悩むユーザーも出てくるかもしれない。

拡大表示
図1 スタートボタンの横には、「電源」ボタンと「ロック」ボタンの2つが用意されている。初期状態の「電源」ボタンには、Vistaで新たに加わったスリープの機能が割り当てられている

拡大表示
図2 「再起動」や「シャットダウン」は実行したいときは、矢印ボタンを押してサブメニューを開いて選択する

 もちろん、設定を変更すれば「電源」ボタンを「シャットダウン」の動作にすることも可能だ。また、ノートPCのカバーを閉じたときの動作も変更できる。ただし、ハードウェアがVistaに完全対応していないとこれらの設定ができない場合がある。

拡大表示
図3 電源ボタンの動作をスリープからほかの動作へと変更してみる。スタートメニューから「コントロールパネル」を開き、「ハードウェアとサウンド」から「電源オプション」を選ぶ

拡大表示
図4 「電源ボタンの動作の選択」をクリック

拡大表示
図5 「電源ボタンを押したときの動作」のプルダウンメニューから、「シャットダウン」や「休止状態」を選ぶことができる。次回からは、選んだ終了方法が電源ボタンから実行できる

 なお電源ボタンの横にある「ロック」ボタンは、ちょっと離席する際などに使う機能だ。他人がPCを操作しようとしても、パスワードが入力されないと使えない状態にする。XPでも「Windows」キーを押しながら「L」キーを押せばこの機能を使うことができたが、Vistaでは「スリープ」に並ぶ地位を獲得したわけだ。ちなみに、Vistaでもこのキー操作でロックできる。

 最後はVistaのスタートメニューをXPと似たような表示に変更する方法を紹介しよう。スタートメニューを「クラッシックモード」に切り替えれば、「シャットダウン」ボタンだけが表示され、これを選ぶと「スリープ」を始めたとした各種モードがプルダウンリストから選べるようになる。

拡大表示
図6 なお従来のXPと似たようなスタートメニューに変更することも可能だ。「スタート」ボタンを右クリックして「プロパティ」を選び、「[スタート]メニュー」タブの「クラッシック[スタート]メニュー」をオンにする

拡大表示
図7 図6の設定でXPと同様なスタートメニューに変えることができた