PR

 最近紙詰まりがヒドイ。といっても給紙カセットに入っているA4判やA3判はちゃんと送られる。問題は「MPトレイ」だ。MPトレイとはいわゆる手差しトレイのこと。マルチパーパス(多目的)トレイの略らしい。普段は使用頻度も低いのでMPトレイの扉は閉じている。使用する場面というのは、B4用紙に印刷したいときや、封筒やタック用紙など特殊用紙に印刷したいときだ。

写真1 これがMPトレイ。普段は閉じている

 昨年11月頃、名刺を印刷しようと思い、A4サイズの名刺用紙をMPトレイにセットして印刷しようとしたのだが、何度やっても給紙されず、操作パネルには「紙詰まりです」的文言が出てエラーランプがピコピコと点滅する。紙は1mmたりとも送られていないのに紙詰まりと言われても…。とにかくローラーが巻き取ってくれないのだ。まだほとんどMPトレイなど使っていない頃だったので、なんでだろうなぁと思いつつ、マニュアルを手に取ってみた。

使用できる用紙、できない用紙を確認

 「印刷用紙について」という項目に「使用できる印刷用紙の種類」と「印刷できない用紙」というのがある。使用可能な一般の用紙には「コピー用紙」「上質紙」「再生紙」とあった。これ以外はダメなの?と思い、「印刷できない用紙」の方を見て目に留まった項目があった。「給紙不良、紙詰まりを起こしやすい用紙」に「薄すぎる用紙、厚すぎる用紙」と書いてある。厚すぎる用紙というのは164g/m2を超える厚さらしい。この単位についてはよくわからなかったが、とにもかくにも印刷しようとしていた名刺用紙のパッケージを見てみる。185g/m2と書いてある。ダメじゃん!

 そうか。用紙が厚すぎて巻き取ってくれなかったんだ。ってことはもっと薄い名刺用紙を買わなきゃってことなのかな。でも名刺があんまり薄いのもなんだか薄っぺらな人間に見られそうだしなぁ。などと思いつつ、その場はそんなこんなで終わっていた。

 で、数日後、B4用紙に印刷したいデータがあったのでMPトレイにB4用紙をセットする。MPトレイは用紙サイズを操作パネルで設定しないといけない。前はA4名刺用紙を印刷しようとしていたからA4の設定になっている。「各種設定-プリンタ設定-給紙装置設定-MPトレイ」で、サイズを選択する。B4にしていざ印刷。と思ったらまたまた「紙詰まり」と言われる。今回は普通のコピー用紙なのに。今回も前回同様、紙はまったく送られていない。でもどうしても急ぎで印刷しないといけなかったので、紙詰まりと指定された個所を開いては閉じる。経験者はおわかりだと思うが、紙が詰まっていなくても一定時間で正常に印刷できないと紙詰まりと判断される。そして、詰まってもいない、エラーで指定された個所をいったん開いて閉じるとエラーが解消されるのだ。

 再度トライ。また紙詰まり。紙詰まり状態をクリアして再々度トライ、ダメ。4回目でやっとなんとか印刷できた。その印刷物はFAXで送るためのもので、待たされていた相手はケータイに「まだ?」と電話をかけてきたほどだった。よほど待ちくたびれたのだろう。すぐ送る、と言ったものだから。

 以来、なんとなくMPトレイは敬遠するようになってしまった。B4用紙で印刷するよう設定されたデータはわざわざA3に設定し直して印刷したり。でもこのままでは永遠にMPトレイを使わなくなる。使えなくなる。それは困るので、再度マニュアルを手に取る。

 目次を見ると「メンテナンス」という項目があった。そのページを開く。パラパラとめくっていくとありましたわっ。「給紙ローラーを清掃する(正常に給紙できないとき)」というのが。そうか、清掃してみるという手があったか。正直言うと、あまり掃除が得意でないワタシはその項目を見つけても、しばらくはやるのがおっくうでどうしようかと迷った。が、やっぱりやってみるしかない。じゃないとMPトレイが使えないのだ。

重い重い腰を上げてクリーニング

 まずはマニュアルに従い、電源をオフにしてコンセントから電源コードを抜く。あー、もうこの時点ですでに面倒~。だって電源は腰をかがめて奥に手を伸ばし、「よっこいしょ」と言いながらオン・オフしなければならない位置にあるし、コンセントは三芯の特殊な延長コードがソファの裏だ。ソファを「どっこらしょ」と動かしてコードを抜かなければならないのですよ。ねっ? 面倒でしょ? ま、なんとかそこまでやったあとは給紙ローラーのゴム部分を乾いた布で拭く。なるべくローラーを回しながらまんべんなく拭いたつもりだがなにせ細かい部分なのでうまく拭けたかどうかは自信がない。

写真2 MPトレイの給紙ローラーを布で拭く

 クリーニングは以上で終了だ。やってみれば予想以上にカンタン。ついでに給紙カセットの方もやれば良かったのかもしれないが、そちらは今のところ紙詰まりはほとんどないのでよしとした。側面の通風口にもだいぶほこりがたまっているのを発見してしまった。が、今回の目的はあくまでもMPトレイを使えるようにすること、と無理矢理自分に言い聞かせる。そして見なかったことに(いかに掃除嫌いかがおわかりいただけるかと…)。

 電源コードを挿して電源オン。さっそくMPトレイでB4用紙の印刷を試みる。A3で印刷するつもりだったものをB4に縮小して印刷してみた。ウィーンという音がして、一人ドキドキ。果たしてクリーニングの成果は出るのか!?

 見事! 一発で巻き取って無事印刷完了。よかったぁ。これでまた紙詰まりだとかなりショックは大きかったから。

写真3 見事にローラーが用紙を巻き込んでいってくれた

 でもやっぱりこういうメンテナンスというか、ケアって大事なのね。通風口もなにか不都合が起こる前に掃除しておいた方がよさそうだ。さて、いつやるかな~。