PR

 時には人に見せたくない計算式というのもある。表の作成者とデータを入力するユーザーが別々の場合には、どんな計算が行われているかをユーザーに隠したいこともあるだろう。ワークシートやブックに保護をかけて計算式が上書きされないようにしても、計算式が入ったセルにアクティブセルを移動すれば、数式バーに計算式の全容が見えてしまう。

 Excelには、セル内の内容を隠すオプションが用意されている。計算式などの内容を見せたくないセルを選択して「ホーム」タブ右側にある「セル」ブロックの中の「書式」ボタン右にある▼をクリックする。

図1 「セル」ブロックにある「書式」ボタン右の▼をクリックする

 表示されるメニューの「セルの書式設定」を実行して「セルの書式設定」ダイアログボックスの「保護」タブを開き「表示しない」チェックボックスをオンにする。

図2 セルの数式を数式バーに表示させないための設定

 これで設定は完了だが、これだけでは計算式が表示されてしまう。計算式を表示させないためには、さらにシートを保護する必要がある。同じ「書式」ボタン右の▼をクリックし、今度は「シートの保護」を実行しよう。

図3 シートをするまで計算式は表示されたままだ
図4 シートを保護するためのダイアログボックス

 「シートの保護」ダイアログボックスが表示されるので、必要ならパスワードを設定し「OK」ボタンをクリックする。これでセル内の計算式が数式バーに表示されなくなる。

図5 計算式が数式バーに表示されなくなった