PR

 人はよく間違いを犯す。決してやってはいけないことを、ついやってしまった経験は多くの人が持っているに違いない。複雑な計算式が入っているセルを、つい削除してしまった時には泣くに泣けない。バックアップをとっていなければなおさらだ。後悔をしないためにも、大事な計算式は保護するクセを身につけよう。

 Excelでは、ワークシートやブック全体を保護することができる。パスワードを設定することも可能なので、他人に変更される心配もない。

 まず、ワークシート上のデータすべての変更を制限する方法から見ていこう。「ホーム」タブの「セル」ブロックにある「書式」ボタンをクリックする。表示されるメニューから「シートの保護」を実行すると「シートの保護」ダイアログボックスが表示される。

図1 シートの保護は「セル」ブロックの「書式」ボタンで表示されるメニューの中にある
図2 解除に必要なパスワードを設定することもできる

 ここでパスワードを設定すると、保護を解除するときにパスワードが要求される。パスワードを設定しないときは空欄のまま「OK」ボタンをクリックしよう。ワークシートを保護すると、そのワークシート上のセルはすべて操作できなくなる。データも入力はできない。解除するときには、同じく「書式」ボタンをクリックし、「シート保護の解除」を選ぶ。パスワードを設定したときには、ここでパスワードの入力が求められる。

 データの入力はできるが、計算式だけは変更できないようにする場合は、データを入力するセルだけ、編集できるように設定しておこう。

 この作業は、ワークシートを保護する前に行わなければならない。データの入力を許可するセルを選択して、先ほどから使用している「書式」ボタンをクリックし、プルダウンメニューから「セルのロック」をクリックする。

図3 編集を可能にしたいセルを選んだ状態で「セルのロック」を選ぶ。ロックされているときには鍵マークがオレンジの四角で囲まれている(左)が、ロックを解除するとオレンジの四角が消える(右)

 気づきにくいかもしれないが、「セルのロック」メニュー左側の鍵マークを囲んでいたオレンジ色の四角が消える。この状態はセルのロックが解除されていることを示している。

 初期状態ではすべてのセルで「セルのロック」が有効になっている。「ワークシートの保護」では、シート上のロックされたセルが保護の対象になる。そこで、ワークシートを保護する前に、編集を許可したいセルだけ"セルのロックを解除"してやれば、シートを保護した後もそのセルに関しては変更が可能になるのだ。