PR

 Excelでは複数のブックを開いて作業できる。開いているブックを閉じるときは、ブックの閉じるボタンをクリックすればいい。閉じるボタンはExcel本体にも用意されているが、Excel 2007の閉じるボタンは旧バージョンと動作が変わっているので注意が必要だ。旧バージョンでは、Excel本体の閉じるボタンをクリックすると、開いているすべてのブックを閉じると同時にExcel自身も終了した。しかし、Excel 2007で複数のブックを開いている状態では、作業中のブックを閉じるだけでExcel本体は終了されないのだ。

図1 Excel本体の閉じるボタンは動作が変更された

 旧バージョンのように、開いているすべてのブックを閉じると同時にExcel本体も終了させるには、「Office」ボタンをクリックして「Excelの終了」ボタンをクリックしなければならない。

図2 「Excelの終了」ボタンをクリックすればExcel本体も終了できる

 毎回「Office」ボタンをクリックするのが手間だと感じるなら、「Excelの終了」ボタンをクイックアクセスツールバーに登録しておくといい。クイックアクセスツールバーの右側にあるボタンをクリックして「その他のコマンド」を実行する。

図3 クイックアクセスツールバーのボタンをカスタマイズする

 表示される「Excelのオプション」ダイアログボックスの「コマンドの選択」リストで「Officeメニュー」を選択する。下のリストをスクロールすると「終了」というコマンドがあるので、選択して「追加」ボタンをクリックしよう。

図4 「終了」コマンドを選択して「追加」ボタンをクリックし、OKを押す

 「OK」ボタンをクリックすると、「終了」コマンドがクイックアクセスツールバーに登録される。このボタンをクリックすれば、開いているすべてのブックを閉じると同時に、Excel本体も終了することができる。

図5 新しく加わったボタンを利用すると、ブックを閉じると同時にExcel本体も終了できる