PR

 例えば次のような式を見て、何をしているかパッと分かるだろうか。

  =IF(A1>A2,VLOOKUP(B1,D2:E12,2),"")

 IF関数とVLOOKUP関数を知っていても、関数内で指定しているセルのアドレスはまるで暗号だ。では、次の式はどうだろう。

  =IF(売上>基準,VLOOKUP(商品コード,商品マスター,2),"")

 これなら、この式が何を計算しているか容易に想像できるだろう。セルに名前を付けるだけで式の分かりやすさが大きくアップするのだ。

 セルに名前を付けるにはいくつかの方法がある。最も簡単な方法は、名前を付けたいセルまたはセル範囲を選択してワークシートのすぐ上にある「名前ボックス」に名前を入力するやり方だ。

図1 名前ボックスに名前を入力することで、新しい名前を定義できる

 すでに定義している名前を削除したり、名前が参照するセルを変更するときなどは「名前の管理」ダイアログボックスを表示する。リボンの「数式」タブを開き「定義された名前」グループの「名前の管理」ボタンをクリックする。

図2 「名前の管理」ダイアログボックスは「数式」タブの「名前の管理」ボタンをクリックすると表示される
図3 作成した名前が一覧になる。名前の削除や編集が可能

 「名前の管理」ダイアログボックスでは、既存の名前を削除したり編集するだけでなく、新しい名前を定義したり、名前にコメントを付けることもできる。

図4 編集画面では名前を適用するセルの範囲やコメントを付けることも可能だ