PR

 Excelの用途は表計算だけではない。関数やマクロを駆使してデータベースとして活用したり、柔軟なレイアウト機能を利用して文書作成ツールとして使う人もいる。もし、多少の遊び心が許されるのなら、ワークシートの背景に画像を表示してはいかがだろう。うまく利用すれば、セルに入力されているデータとは関係なく、「持ち出し禁止」「取扱注意」といったメッセージを表示させておくこともできる。

 ワークシートの背景に画像を表示するには「ページレイアウト」タブの「背景」ボタンをクリックする。

図1 表とグラフだけの簡素な表に背景画像を表示する

 表示される「シートの背景」ダイアログボックスで表示したい画像を選択し、「挿入」ボタンをクリックする。BMP形式だけでなく、JPG形式やPNG形式など、ほとんどの形式の画像を挿入できる。

図2 表示したい画像を選択する

 実行すると、ワークシートの背景全体に選択した画像が敷き詰めて表示される。

図3 ワークシートの背景に選択した画像が表示された

 背景の画像を削除するときは、同じ「ページレイアウト」タブの「背景の削除」ボタンをクリックするだけだ。なお、ワークシートの背景画像は印刷されないので注意しよう。