PR

 ある日、何だかExcelの画面がおかしいのに気が付いた。よく見ると列番号がA・B・Cではなく1・2・3と表示されている。しかも、=A1 のような簡単な参照式を入力してもエラーになってしまう。

図1 列番号の表示が「A・B・C」から「1・2・3」に変わってしまった

 それはセルの参照形式が「A1参照形式」から「R1C1参照形式」に変更されたのが原因だ。「R1C1参照形式」というのはセルを「何行目の何列目」と指定する参照形式のこと。A列、B列ではなく1列目、2列目という考え方だ。したがって、列番号も1・2・3と表示される。

 セルの参照形式を変更するには、「Office」ボタンをクリックして「Excelのオプション」を実行する。表示される「Excelのオプション」ダイアログボックス左側で「数式」を選択すると、右側に「R1C1参照形式を使用する」チェックボックスが現れる。これをオフにすれば、一般的な「A1参照形式」に戻すことができる。

図2 「R1C1参照形式」で計算するオプションをオフにしよう

 「そんなオプションはいじったことがない」と憤慨するかもしれないが、このオプションはユーザーの知らぬ間に切り替わることがある。たとえば「R1C1参照形式」で計算しているブックを開いたり、他のアプリケーションがコンバートしたブックを開いたときなどだ。何かのきっかけで列番号が数字に変わってしまったら、慌てずにオプションを確認しよう。