PR

 Excelにはフィルハンドルという便利な機能がある。アクティブセルの右下に見える小さな■がフィルハンドルだ。これをドラッグすると、日付や連番など連続したデータを簡単に作成することができる。

 ただし、フィルハンドルをドラッグして作成されるのは連続データだけではない。「Excel」のような文字列をドラッグすると、そのセルをドラッグした範囲にコピーすることができる。間違えやすいのは「123」のような数値データをドラッグしたときだ。実はこのときもセルのコピーになる。「124」「125」という連続データを期待した人はがっかりしてドラッグした範囲を削除することだろう。

 数値データが入った1つのセルから連続データを作成するにはいくつかの方法がある。たとえば、フィルハンドルを右ボタンでドラッグすると、ドラッグ完了後にメニューが表示される。ここから「連続データ」を実行すれば、数値データのコピーではなく連続データが作成される。

図1 フィルハンドルを右ボタンでドラッグすると専用のメニューが表示される

 または、普通に左ボタンでドラッグし、ドラッグ後に表示されるスマートタグを利用する方法もある。

図2 スマートタグは操作の結果を後から変更することができる

 スマートタグが表示されている間は、コピーや連続データの作成を何度でも切り替えることができるので、フィルハンドルをドラッグしてから動作の結果を後で変更することが可能だ。