PR

 前回、Mac上でWindowsを動かす仮想環境、「VMware Fusion」に一言触れた。開発者自身の言葉によると、先行してIntel Mac向けに発売開始しているParallelsよりも高速で動くという。本当なのか? だれしも気になるところだ。MacWorld Expoの会場で配布していたCD-ROMが手元にあるので、早速インストールしてみた。ベータテスト版だからいろいろ不都合があるのは覚悟でチャレンジしてみたら、なかなか良さそう、だが、どえらい不都合も。

最初からファイルのドラッグ&ドロップ転送を実現

 異なるハードウエアプラットフォームを別のハードウエアに見せかける仮想化技術によって、Mac上でWindowsを動かす仕組みを作る。裏に同時通訳者を控え、その言葉を口元で再生させて別人になりきると言えば、感じをつかんでいただけるだろう。プラットフォームの仮想化は翻訳のみならず、外見やしぐさまで他人になりきるわけで、考えるだけでなかなか難しそうだ。

 MacがIntelチップに移行するまではMicrosoftが「Vertual PC for Mac」という製品を提供し、PowerPCをIntelチップになりすまさせるという方法でWindows環境を実現していた。WindowsのIntelコードを逐一PowerPCコードに翻訳し、実行させるという仕掛けだったから動作速度はそれこそ亀のような速度。プルダウンメニューは「ヌルヌルヌル」っと降りてくるという有り様だったから、これで仕事をするのはかなり覚悟がいった。

 Macに搭載されるCPUがIntelチップに変わってからは、このコード翻訳の部分はなくなり、ハードウエア構造の異なる部分だけを仲介すればよいことになったからスピードは劇的に速くなった。しかしこの「仲介」の作業は生半可なことでは理想に近づけない。仲介作業というのがどんなものなのかは、市庁舎が建て変わると同時に担当窓口が変更され、窓口業務が混乱してしまっている様子を思い浮かべるとよいだろう。「税金申告をしようと1階に駆け込んできた人を(移動したことを気付かせずに)瞬時に3階の窓口に案内する」といった仕組みだ。

 基本的には交通整理をいかにうまくこなすか、というところに尽きるからVertual PC for Mac時代のあの亀状態は脱した。Parallels Desktop for Macはそういう意味でまさに快適に操作できるレベルにまで劇的に向上した。これなら、Windowsマシンを別途用意しなくてもよいレベルになった。

 さて、新着のVMware Fusion(ベータ:build 36932)はどうだろう。ベータテスト版はMacWorldの会場で手に入れたと書いたが、現在は同社のWebサイトからだれでも入手できる。ダウンロード後、インストール時には同社が発行するシリアル番号を入力する必要がある。ダウンロード時に、氏名、メールアドレス、居住区域、利用目的などを登録することでシリアル番号を入手できる。