PR

 コンピュータ・ネットワークの基礎も第6回を迎えました。これまでの5回では、コンピュータが相互に情報を交換する場合の基本的な考え方や方法を色々な視点から見てきました。

 そこで今回は、体系だった視点でコンピュータ・ネットワークの世界を眺めてみることにしましょう。その中で、広く使われているネットワークの設計モデルを紹介します。

通信機能をグルーピングして階層立てる

 コンピュータ・ネットワークの最初のシステムは、米国の国防省が1969年に開発したARPANETです。このARPANETのもたらした通信技術が現在のインターネットの基礎になりました。ここで、ネットワーク・アーキテクチャが誕生しました。

 ネットワーク・アーキテクチャとは、ネットワークを設計する方法です。具体的には、通信機能をグルーピングして、階層化します。グループの例としては、通信回線を制御してデータを伝送するための機能、ネットワーク上でデータをあて先まで届ける機能、目的の通信サービス(ファイル転送、メール交換など)を提供する機能などです。これらのグループ化した機能を積み木のように階層型に構成するのです。

 その後、国際標準機関であるISO(International Organization for Standardization)によってネットワーク・アーキテクチャの検討がなされました。そこでも、通信機能の階層化が採用されました。このISOが標準化したネットワーク・アーキテクチャを、OSI(open systems interconnection)基本参照モデルと呼んでいます。

拡大表示
 ネットワーク・アーキテクチャは,基本的なモデルとして参照されます。そのためには,汎用的でなければなりません。汎用的であるためのポイントには,(1)明瞭な機能分割,(2)層間のインタフェースの単純化,(3)機能の独立性の観点から分離・整理すること――があります。
 例えば,自転車の構成を考えてみます。自転車はハンドル,サドル,タイヤなどいくつかの部品でできています。それら部品の規格が統一されていれば,サドルが壊れたときにサドルだけを交換することができます。必ずしも自転車ごと買い換える必要はありません。
 コンピュータ・ネットワークの世界でも,自転車の部品規格にあたるものがあります。これがOSI基本参照モデルです。このモデルに沿っていれば,自転車の部品と同じように,自分の関係する層以外を気にする必要がありません。追加開発が自由にできるのです