PR

 ワークシート上に大きな表を作成した。印刷すると数ページにも及ぶ大きな表だ。この表の1ページ目だけを印刷したい場合は「印刷」ダイアログボックスで印刷するページを指定する。「Office」ボタンをクリックして「印刷」をポイントする。右側にメニューが表示されるので「印刷」を実行すると「印刷」ダイアログボックスが表示される(図1)。「印刷範囲」の「ページ指定」をオンにして「1ページから」「1ページまで」と指定して「OK」ボタンをクリックするとワークシートの1ページ目だけを印刷できる(図2)。

図1 「Office」ボタンをクリックしてメニューを開き、左側で「印刷」をポイントすると「印刷」や「印刷プレビュー」を実行できる
図2 「印刷」の画面で、印刷したいページを指定する

 では、2ページ目の後半から3ページ目の前半部分だけを印刷したい場合はどうだろう。そんなときは、あらかじめ印刷したい範囲をマウスで選択してから「印刷」ダイアログボックスを開く。「印刷対象」で「選択した部分」をオンにして「OK」ボタンをクリックすると2ページ目から3ページ目だけが印刷される(図3)。

図3 シートの選択した範囲だけを印刷することもできる

 毎回ブックの同じ範囲だけを印刷する場合は、印刷したい範囲を指定しておくとこともできる。印刷したい範囲を選択して「ページレイアウト」タブ「ページ設定」グループの「印刷範囲」ボタンをクリックする。表示されるメニューで「印刷範囲の設定」を実行すると、現在選択されている範囲が印刷範囲として登録され、印刷コマンドを実行するだけで毎回同じ範囲を印刷できる(図4)。印刷範囲を解除したいときは「ファイル」メニューの「印刷範囲」→「印刷範囲のクリア」を実行しよう。

図4 印刷する範囲が毎回決まっている場合は、あらかじめ印刷範囲を指定しておくと便利。「印刷範囲」で指定した範囲は「ページ設定」の「印刷範囲」に記憶される