PR

 Windowsを使っていると、あったはずのツールバーやアイコンが消えてなくなったり、メニューの文字が化けて読めなくなることがある。これらは、Windowsの仕様やバグが原因で起こる場合も多い。

 よく起こるのが日本語入力ソフトIMEのツールバーがデスクトップ上から消えてしまうトラブル。文字種が変えられなくなって、なにかと不便だ。IMEのツールバーを復活させるのは、ちょっと面倒である。

 「スタートメニュー」で「コントロールパネル」を選び、「日付、時刻、地域と言語のオプション」をクリック。「地域と言語のオプション」にある「言語」タブの「詳細」を開く。左下の「言語バー」でIMEツールバーをデスクトップに復活させられる。

【IMEのツールバーが消えた】
消すのは簡単なIMEのツールバー。ないと何かと不便だが、復活させるのは面倒。コントロールパネルを奥深くたどる必要がある

 バグが原因で乱れた画面の表示を直すのはもっと骨が折れる。おまじないのようなコマンドを入力したり、Windowsの特定のシステムファイルを探し出して削除しなければならないからだ。

 例えば「メニューの文字化け」はWindows 98/MEのトラブルの定番と言える。これを解決するにはフォントキャッシュを削除する必要があり面倒である。

 まずエクスプローラのフォルダオプションで「すべてのファイルとフォルダを表示する」を設定。その上でセーフモードで起動し、「マイコンピュータ」からCドライブを開く。「このドライブの内容をすべて表示する」をクリックし、「Windows」フォルダーの「ttfCache」という名前のファイルを探し出す。そしてこれを削除する。

【メニューの文字が化ける】
拡大表示
Windows 98/MEの定番のトラブルがこれ。フォントキャッシュと呼ばれるファイルを消してやる必要がある