PR

 Wordで作成したファイルや、デジカメで撮影した画像ファイルなどを家庭内のパソコン間で共有できると何かと便利です。Windows XPのファイルとプリンターの共有機能を使うと、1台のパソコンのフォルダーを、もう1台のパソコンからLAN経由で手軽に共有できます。Windows XPの標準機能なので別途ソフトウエアを購入する必要はありません。

 ここではファイルとプリンターの共有機能の利用手順を紹介します。手順を説明する上で、(1)2台のパソコンが、ブロードバンドルーターなどを使ってインターネットに接続できることと、(2)フォルダーを公開する側のパソコンに「Microsoftネットワーク用ファイルとプリンタ共有」機能が、公開されたフォルダーにアクセスする側のパソコンに「Microsoftネットワーク用クライアント」機能がインストール済みであること、(3)2台のパソコンの「ワークグループ名」が同じ名称に設定されていること――が前提になります。Windows XPを通常の手順でインストールすれば、(2)は標準でインストールされるほか、(3)のワークグループ名は「MSHOME」に自動設定されます。

 それでは手順です。まず、フォルダーを公開する側のパソコン上に、公開用のフォルダーを作成します(図では「pub」)。次に、そのフォルダーを右クリックし、「ネットワーク上での共有とセキュリティ」を選択。手順に従ってファイル共有を有効にします。

【共有フォルダーの作り方】
共有するためのフォルダーを1台目のパソコン(フォルダーを公開する側)に作成する(図ではCドライブの直下に「pub」という名称のフォルダーを作成)
pubフォルダーを右クリックし、「共有とセキュリティ」を選択。表示される画面(上)の赤枠の箇所をクリック
「ファイル共有を有効にする」を選択して「OK」ボタンを押す

 続いて、「ネットワーク上でこのフォルダを共有する」にチェックするとともに「共有名」を入力します。アクセスする側のパソコンから、公開用フォルダー内のファイルを変更・削除したければ「ネットワークユーザーによるファイルの変更を許可する」も忘れずにチェックします。すると、フォルダーのアイコンが、手のひらに乗ったものに変わります。

図のように、□の箇所をチェックし、共有名を入力して「OK」ボタンを押す
フォルダーが手の上に乗っている絵が出れば設定は完了

 これで1台目のパソコンの設定は終了。2台目のパソコンで「マイネットワーク」を開くと、1台目のパソコンが見え、pubフォルダーにアクセスできます。

もう1台のパソコンで「マイネットワーク」から共有設定したフォルダーを参照できる