PR

 ワークシート上のデータを日付で管理することは多い。そんなとき、土曜日と日曜日だけ文字色を変えたり、セルの背景を塗りつぶして区別することがある。この作業を、カレンダーを見ながら手作業で行ってはいないだろうか?条件付き書式を使えば、自動的に指定した色で表示することができるのだ。

 まず条件付き書式を設定したいセル範囲を選択する。このとき、先頭の日付セル(ここではセルA2)がアクティブセルになるようにしよう(図1)。アクティブセルが別のセルにあると、正しく条件付き書式が設定されない。

図1 条件付き書式を設定するセル範囲を選択する。ここではセル範囲A2:C12を選択した。アクティブセルを先頭の日付セルにすること
図2 「条件付き書式」ボタンをクリックして「新しいルール」を実行する

 上のリストで「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択し、下のテキストボックスに「=WEEKDAY($A2)=7」と入力する。セルA2は、例において、日付が入力されている先頭のセルだ。このアドレスを「$A2」と指定することで、下の行でも常にA列の日付が条件になる。WEEKDAY関数は指定された日付の曜日を数字で返す関数。オプションを指定しないと、土曜日が7、日曜日は1となる。

 次に「書式」ボタンをクリックして「セルの書式設定」ダイアログボックスを開き、「フォント」タブで文字色を設定したり、「塗りつぶし」タブでセルの塗りつぶしに好きな色を指定しよう(図3)。設定が終わったら「OK」ボタンを押す。「新しい書式ルール」ウインドウも「OK」ボタンを押して閉じる。

図3 「ルールの内容」として「=WEEKDAY($A2)=7」すなわち、A列の日付が土曜日の場合を条件として設定し、適用する書式を決める

 今度は日曜日の色を設定する。「条件付き書式」→「新しいルール」を実行して「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択するところまでは同じ手順だ。今度は日曜日を判定するので下のテキストボックスに「=WEEKDAY($A2)=1」と入力して日曜日の書式を設定しよう(図4)。

図4 同様に日曜日の書式を設定する

 「OK」ボタンをクリックすると2つの条件付き書式が適用されて、土曜日と日曜日の行だけに書式が設定される(図5)。

図5 土曜日と日曜日だけ色が変わった