PR

 1999年の7月に面白法人カヤックがリリースした中に、「HotComic」というサービスがあります。

 どのようなサービスかと言いますと、カヤックの代表3人がセレクトする「熱い」漫画(それゆえHotComic!)を古漫画で、全巻セット販売という方法で売るオンラインサービスでした。

(サービス運営者 HotComic3人衆の紹介ページ。カヤック代表の3人)


あのサービスと同じものが1日数十万円…

 僕は、少しでも早く読みたい漫画は新刊を本屋で買いますが、そうでもないものは、印税のことを考えると漫画家さんには申し訳ないのですが、某ブックオフや某まんだらけなどでまとめて購入します。そんな古本屋めぐりをしているときに、全巻まとめて買って一気に読みたい衝動に駆られる時がよくあります。それゆえに、そういったニーズがあるだろうと、立ち上げたのが上記のオンラインショップでした。

 最初は在庫がありませんから、自分たちの私物を放出。在庫探しに古本屋めぐりをしました。もちろん、買い取りもオンラインで受け付けながら、「都内23区であれば、バイカー久場(弊社の創業メンバーです)が、バイクで出張買取します!」と無茶な謳い文句ありました。

 当時はGoogleもありませんから、リスティング広告もありませんし、SEO対策などもありません。オープンしたものの、実際には誰にも知られることなく、それゆえもちろん売れることも、バイカー久場が駆け巡ることもなく、ひっそりとサイトは幕を閉じました。

 もちろん、少しは売れましたよ。でも私物を放出したのは本当にいたかったです。そういえば「漂流教室」全巻セット売れちゃったときには、泣きました。


 で、なぜ今さらこのサービスを紹介したかと言いますと、この前会社に遊びにきた知人が最近、下記のようなオンラインショップを始めたというのです。

まんが全巻.com

 おお!これはまさに、上記で説明した僕らがやろうとしていたことそのものじゃないですか。懐かしさがこみ上げてきましたが、なんと!このサイト、立ち上げたのは、ごく最近なのに、すでに1日数十万円もの売り上げになっているとのこと。年間で億になるようなビジネスになるとは・・・いやはや。うれしいような悔しいような。いや、正確には悔しくはありません。うれしい気持ちの方が強い。

 このように考えていくと、過去のサービスでも今また新たに立ち上げたら成功するのではないかというものがありそうですね。そんなものを探してみるのも面白いかと思いました。

過去の知識が邪魔することも

 ちなみに、弊社には1998年からのネット系雑誌を全部保存しており(昨年の引越しでだいぶ整理してしまいましたが・・・)、まず、新しくカヤックに入ったディレクターにはその雑誌をできるだけ目を通し手もらうように伝えています。結構ネット業界では、古くからいる人も多く活躍しています。ネットビジネスとしてのアイデアを出し会う時に、その過去の共通の経験をもとに話すことも多いので、過去のネットビジネスを知っておくに越したことはないからです。

 でも、その知識が逆に邪魔をすることもあるので、過去に失敗したものでも、もう1度リベンジするものを探したいと思ったわけです。

 そして、ありました、ありました。僕が個人的に、過去に立ち上げて断念したサービスとして今復活させたいと思ってるサービス。

 その名も「ダウジング操作網」

 どのようなサービスだったかを、弊社の過去のサービス紹介から抜粋しますと
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
地球の共鳴共振作用を利用する“ダウジング”をネットで有効利用するサービスでして、GPS(Global Positioning System )付の携帯電話を用い、感受性の高い複数の捜査員達を利用して、あなたのお探しモノ(動物可)の潜む場所をピンポイントで当てるサービス。
探しモノ依頼を受付け。捜査員がダウジングを行い、自分のいる位置から探しものがどの方角にあるか報告。(GPSと方位磁石で場所を特定)多くの捜査員がこれを繰り返す。その方角情報を集計していくと・・・・・・探しモノが潜むポイントが見えてくる! という仕組。
特定ポイントを導き出すアルゴリズムは、捜査員のダウジング力とその体調を変数として加味したり、そのきめ細かさは脱帽。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
とあります。
 これ、今ならGPSもそこそこ普及していますし、さらにはGoogleMapなどの地図を気軽に利用できるサービスも出てきています。今なら、結構面白いサービスが作れるのではないかと思っています。

 善は急げ。リベンジすべく、現在、絶賛開発中です。ただ、うちでつくってもこのサービスを換金化するプランもないので、どこか携帯のコンテンツ系に強い会社と組んでサービスインをしたいです。カヤックの場合、携帯サービスのノウハウが少なくそこがまだ弱いからです。開発はうちでしますから、一緒にこの企画をチームを組んで作って世の中に出したいと思ってくれる方、熱烈大歓迎です。お待ちしております。

 あるいは、この企画をどこかの一企業のキャンペーン企画に提案してもらってもかまいません。プランナーの方、ぜひご検討を!