PR

 Windows Vistaのプレミアムエディション(Home Premium、Business、Enterprise、Ultimate)では、半透明効果や3D表示を利用した新しいユーザーインターフェース「Windows Aero(エアロ)」を利用できる。

 その代表的な機能である「フリップ3D」(3D表示機能)は、タスクバーのクイック起動にある「ウインドウを切り替える」ボタンをクリックするか、「Windows」キーと「tab」キーを同時に押すと起動できる(この状態で「tab」キーを押すとウインドウが切り替わる)。

 「Windows」キーと「tab」キーを同時に押して起動した場合、キーから手を離すとフリップ3Dの状態は自動的に解除されて通常のデスクトップに戻る。キーから手を離してもフリップ3Dの状態を保持したい場合は、「Ctrl」キーを押しながら「Windows」キーと「tab」キーを同時に押して起動する。その状態でカーソルキーを押したり、マウスのホイールを回すことでウインドウの切り替え操作ができる。

図1 フリップ3Dは、タスクバーのクイック起動にある「ウインドウを切り替える」ボタンをクリックすると起動できる

拡大表示
図2 「ウインドウを切り替える」ボタンをクリックするか、「Ctrl」キーを押しながら「Windows」キーと「tab」キーを同時に押すと、フリップ3Dの状態を保持できる