PR

 Office 2007の画面を見ると、これまであった「メニューバー」や「ツールバー」がなくなった。かわりに「リボン」と呼ばれるタブ形式のメニューから機能を選んで実行する。

 「リボン」には、「ホーム」や「挿入」など、Office 2003までにあった「メニューバー」のメニューのほとんどがタブ形式で分類されている。タブをクリックして切り替える。また、各タブには、それぞれ関係する機能がグループごとにまとめられている。

図1 Office 2007では、「メニューバー」や「ツールバー」は「リボン」という形になった。リボンではタブ単位でメニューが管理され、タブ内には各機能がグループ分けされて並んでいる

 このリボンは削除することはできないが、画面の一番上にある「クイックアクセスツールバーのカスタマイズ」ボタンのドロップダウンメニューから「リボンの最小化」を選べば、表示を隠すことができる。画面の作業領域を広げたい場合は隠しておくとよいだろう。最小化した場合、「ホーム」などのタブ名をクリックすると一時的にリボンが表示され、コマンドを選ぶことができる。

図2 リボンを最小化したところ。作業領域を広くしたい場合などは、このようにリボンを隠すと便利だ
図3 リボンを最小化するには、「クイックアクセスツールバーのカスタマイズ」をクリック、現れるメニューから「リボンの最小化」を選ぶ。また、「ホーム」などのタブ名をダブルクリックする。再びリボンを表示するには、同じ操作を行う
図4 リボンを最小化した場合、「ホーム」などのタブ名をクリックすると一時的にリボンが表示され、タブ内のコマンドを選ぶことができる