PR

 前回に引き続き「Windowsフォトギャラリー」の機能を見ていこう。今回は、オンライン印刷サービスを使って、実際にプリントの注文を試してみた。

 オンラインプリントサービスは、インクジェットプリンターの印刷と比べると用紙やインクの心配は無用で、設定間違いによる印刷ミスがない。送付先を指定すれば、封筒と切手を用意したり、宛先を手書きしなくても、簡単に相手にプリントした写真を渡すこともできる。ウィザード画面の指示に従うだけの注文手順も難しくない。

 オンラインプリントの注文を開始するには、「Windowsフォトギャラリー」の「印刷」ボタンから「プリントの注文」を選ぼう。

拡大表示
図1 オンラインプリントサービスを利用するには、「Windowsフォトギャラリー」の「印刷」ボタンを押し、「プリントの注文」を選ぶ

 サービスを提供しているのは、富士フイルム、カメラのキタムラ、セブン-イレブンの3社だ。細かい手順は異なるものの、インターネットを通じて写真データをアップロードして印刷する点には変わりがない。今回は一般的なL判サイズの写真を実際に注文してみて、各サービスの違いを比べてみた。

拡大表示
図2 選べるサービスは3種類。印刷サイズや価格、配送方法などがそれぞれ違う

 まず最初は、富士フイルムの「FUJIFILMオンラインプリント」を検証。特徴は対応サイズの豊富さと支払い方法の多様さにある。発注の際に、日付をプリントするかどうか、色の補正、フチのありなしなどが細かく指定できる。

 注目点は、クレジットカードを利用すれば、メール便が無料で使えること。注文枚数が少ない時には、このサービスはうれしい。会員登録を行うと、発送先などをいちいち入力する手間を省くことができる。ただし、クレジットカードの番号は毎回入力する。

 配送にかかる日数は3営業日だそうである。実際、火曜日の午後に注文して、金曜日には届いたから、ほぼ間違いないと思っていいだろう。

【対応サイズ】
L 30円(キャンペーン価格。通常は37円)、DSC 30円(キャンペーン価格。通常は37円)、DSCW 126円、HV 53円、P 84円、KG 53円、2L 126円、A5 525円、A4 630円、六切 525円、ワイド六切 630円、四切 735円、ワイド四切 840円

【配達方法・支払い方法】
◆後払い  メール便  210円(キャンペーン価格。通常は420円)
◆クレジットカード  メール便  0円(キャンペーン価格。通常は210円)
◆代金引換  宅配便  840円
※キャンペーン価格

拡大表示
図3 「FUJIFILEMオンラインプリント」サービスのトップ画面

拡大表示
図4 用紙サイズや料金、支払方法を確認できる画面。L判1枚の料金は30円

拡大表示
図5 暗い写真や偏った色合いを修正する、自動色補正の設定もある

拡大表示
図6 支払いと配達方法の確認画面。クレジットカード支払いであれば、メール便の配送料が無料になる