PR

 これは毎年恒例の催しである。賞の候補は私の読者と仲間たち、そして私自身も選ぶ。受賞者は私が選ぶ。業界のすべてのブランドと製品をテストすることはずっと前に諦めたので、ユーザーズチョイス賞を受賞したからと言って、「ベスト」として推薦されているわけではないことを忘れないでほしい。ただし私は、本当に欲しいものはたいてい買えるし、「十分にいい」と言えないものは絶対に使わない。そして使っていないものは推薦しない。

 インテルベースのMacに、混沌の館ユーザーズチョイス賞の年間最優秀システム賞を与えるべきだろう。どのレポートを見ても、優れたシステムであることが分かる。そしてVistaを、(Parallelsを使って)単なるMacアプリケーションとして動かすことにもすぐ慣れる。Macで動かした方がもっと快適だと分かるまではWindowsアプリケーションのままで持っていられるので、WindowsユーザーがMacに移行する楽な方法となっている。

 しかし私は、こいつにユーザーズチョイス賞を出すことができない。なぜなら私は、インテルMacをまだ持っていないからだ。したがってデスクトップ機のユーザーズチョイス賞は、インテルのCore 2 Duoおよびそれを搭載するマザーボードに贈り、アップルのインテルベースMacには、特大の混沌の館「蘭花賞」で我慢してもらわなければならない(編集者注:著者のパーネル博士は、「蘭花」と「タマネギ」によって自分の判断を表す。いいものは蘭、その逆がタマネギである)。

 混沌の館ユーザーズチョイス賞のディスクデフラグメンターは、20年連続してVOPTに与えられる。新しいVOPT 8はWindowsとVistaの両方で動き、高速にもなった。私は、新しいインタフェースが完全に気に入ってはいない。だが、このプログラムには新しい機能がある。私は約20年間VOPTを使っており、そのおかげで1バイトたりともデータを失ったことがない。

 ディスクデフラグメンテーションは、最近の巨大なディスクでは以前ほど重要ではない。でも、使う価値はまだある。デフラグメンテーションを行ったプログラムはロードが速くなるし、ディスクドライブの磨耗も少なくて済む。これは暑い日など、冷ます必要のあるドライブにとって重要だ。ディスクがいっぱいにならなくても、私はVOPTを定期的に利用する。強く推薦する。