PR

 きた、きた、きた!
 ついに我が家にデジタルTVの電波がやってきた!
 いや、去年から電波は飛んできてたんだろうけど、ようやくデジタルな電波をキャッチできる環境が整ったのである。

 日曜にケーブルテレビの工事担当のお兄さんが平べったい箱を二つ我が家のテレビにつないでくれた。これで我が家もデジタルだぜ、地上波もBSもどんとこいだ。いぇーい。…と大はしゃぎしたいところだが、いざ見てみると、これが存外ショボい。いや、事前に調べて予想はついていたのだが、やっぱりショボかった。魅力的なコンテンツが見あたらないのだ。今までのケーブルテレビで用が足りる感じ。まあ、来るべき地上波アナログ放送の終了に備えるつもりでケーブルテレビの契約を切り替えたので、目新しいコンテンツに出会えなくてもあきらめよう。
 とはいえ、せっかく安くもない工事費払って導入したデジタル放送である。なにか面白いことはないかしらん…とマニュアルを探しているうちに発見したのが「データ放送」。リモコンの「d」ボタンを押すと番組放送中に関連データが同時に画面に表示される機能だ。たとえば、巨人─阪神戦中継で「d」ボタンを押すと、打順だの他球場の試合経過といったデータを見ることができる。
 ひとしきり、打順や球種などのデータを眺めていたのだが、うーん、やっぱりたいして面白くないんだなあ、これが。この程度のデータならインターネットでリアルタイムに見られるではないか。もっともっと詳細なデータが表示されればいいのに。堀内監督の現役時代の投球フォームの映像とか、今岡選手の奥さんの写真とか、清原選手のデッドボールシーン一覧とか。
 というわけで、チャンネル変更。BS朝日で「クイズ!人生ゲーム」という番組を見つけた。タカラのボードゲーム「人生ゲーム」をベースにしたクイズで、視聴者がリモコンで参加できる双方向番組だという。おっ、これはちょっと面白そうだぞ。
 司会は俳優の宇梶剛士とテレビ朝日の野村真季アナ。こわもての宇梶剛士があふれんばかりの笑顔で繰り広げる異様にハイテンションなMCぶりがちょっと怖い。ニコニコ笑いながら突然懐からピストル取り出してカメラを撃ち抜くんじゃないかとか、人を小馬鹿にするような口調の野村アナをいきなりぶん殴ったりするんじゃないかとか、思わずワクワク。じゃなかった、思わずハラハラ。
 クイズ自体はとりたてて斬新なところはない。もし、自分が参加していなければ、全然楽しめないだろう。逆に言えば、参加さえしていれば結構楽しい。リアルタイムに自分の得点がテレビ画面に表示されるのを見るのは、なかなか新鮮だ。テレビのクイズ番組を見るときは必ず回答を画面に向かって叫んでいるような視聴者にはピッタリである。って、それは私だが。
 さて、クイズがすべて終了し、ゲットした得点データを送信しようとしたところ、会員登録が必要だという。だが、登録しようとするとエラーが出る。何度やってもダメ。悔しい。
 エラーメッセージに「電話回線云々」と出るので、よくよく考えたところ、工事の兄さんが置いていった平たい箱と電話がつながっていないことに気づいた。兄さんが置いていったマニュアルの横にモジュラージャックが転がっている。これか。おそるおそる電話と箱をつないで再挑戦する。会員登録成功。ぶらぼー。
 しかし、なんとなく不安だったので、翌日、ケーブルテレビに電話で問い合わせてみた。
 「勝手にモジュラージャックをつないじゃったんですが、大丈夫ですかね。工事の方からは何も説明がなかったのですが」
 「はい、大丈夫です。ご自分でつないでいただく形になっていますので。説明がなかったのはお詫びします」
 そういえば、工事の兄さんも言っていた。「サービスが始まったばかりなので、まだ慣れなくて」と。我が家はテレビが2台、そのそれぞれにHDDレコーダー、1台にはビデオも接続されていて、何本ものケーブルがうねうねと絡み合う状況である。それを見た工事の兄さんの困った顔を思い出した。兄さん、すまなかった。
 ともあれ、これで来週から晴れてリモコン片手に「人生ゲーム」に参加することができる。おうっ、待ってろよ、宇梶剛士ッ。いや、宇梶さん、そんなに待たなくてもいいです、ハイ。

参考:
クイズ!人生ゲーム