PR

 HDDレコーダーは本当にベンリだ。一度使ったらもう手放せない。
 どうせ私が録画するのはバカバカしいバラエティがほとんどで、一度見たら消してしまうような番組ばかり。でも、見逃すと結構悔しかったりする。
 ビデオだと、どれが空いているのか、どれがまだ見てないのか分からず、録画し損ねたり重ね録りしてまだ見ていない番組を消しちゃったりしてイライラしたものだけど、HDDレコーダーなら大丈夫。

 数年前、ソニーの「CLIP ON」というHDDレコーダーを購入し、そのあまりのベンリさに喜び勇んで録画しまくったのはよいのだが、あいにく「CLIP ON」にはDVDに書き出す機能が付いていなかったものだから、あっという間にHDDがいっぱいになってしまった。
 そこで、DVDを搭載した松下電器産業の「DIGA」を購入。ところが、こっちは使い勝手がいまひとつ。「CLIP ON」が使いやすかったのは、電子番組表を自動受信する機能があったので、いちいちテレビ欄でチャンネルや放映時間をチェックしなくても、どんどん録画できたこと。だが、残念ながら「DIGA」には電子番組表がないので、いちいち時間とチャンネルを指定しないと留守録ができない。
 コドモのころからのテレビ好き、テレビがあれば飯が三杯食える…ってのは嘘だけど、そのくらいテレビが好きな私は、使いにくい「DIGA」にさっさと見切りをつけ、またしてもソニーの「PSX」を買ってしまった。
 「CLIP ON」と同じ会社の製品なのだから、たぶん使い勝手は良いだろう。もちろんDVD搭載。プレステ2も付いてるから、今使ってるプレステ2は実家の母にあげよう。狭いテレビ回りが少しスッキリするはず。しかも、最新の製品なのだから、以前よりもっと進化しているに違いない……と、そんな期待を胸にいざ我が家のテレビとつないでみたのだが、なんとまあ、案に相違して「CLIP ON」より使いにくいのだ。
 確かに電子番組表機能は付いている。しかし、背景にうっすらと現在放映中の番組が表示されていて番組表が見にくいことこの上ない。さらに、電子番組表を受信するには、受信時間に「PSX」の電源を切っているか、プレステ2でゲームをしていないといけないというではないか。「CLIP ON」はほっといても勝手に受信してたのに。
 私は朝から夜中までバカみたいにテレビやDVDを見ている人間である。一日に何度か電子番組表の受信時間があるが、うっかり受信しそこねて、電子番組表が真っ白という情けない目にあうことしばしばだ。
 基本的にビデオやHDDレコーダーの電源はいつもつけっぱなしにしておきたい。突然お気に入りのタレントが出てきたときや、「おや、これは?」などと思ったとき、取りあえずすかさず録画したい。
 慌てて「PSX」の電源を入れると、何やらステキな水色の背景に「PSX」というロゴがピロピロ~♪という短い音楽と共に表示される。早く録画したいと気は焦るが、DVDやらゲームやらを認識しなければならないせいなのか、なかなか録画OKの状態になってくれない。ようやく録画OKの状態になったと思ったら、お目当てのシーンは終わっていたりする。
 思えば「CLIP ON」も起動するときに、画面に大きく「CLIP ON」という文字がピロピロリン~♪というサウンドロゴと一緒に表示されていた。いざ、使おうと思ったときに電源を入れるとこの優雅なピロピロリン~♪をいちいち聴かされるのが何だかシャクで、ついつい電源を入れっぱなしにしていたものである。
 お前が「CLIP ON」という名前なのはもう知っている。一度言えば分かる。せめてピロピロリン~♪だけでもやめてはくれまいか。
 機械相手に文句を言ったって仕方ないが、つい言いたくなるピロピロリン~♪なのである。
 さらに、ただでさえ、DVDやら何やらを認識する時間がかかる「PSX」も、多少メロディは違うもののピロピロ~♪を継承しているのだ。そんなモノより電源入れっぱなしでも電子番組表を自動的に受信する機能の方を引き継いでくれればよいものを。
 とはいえ、HDDレコーダーのベンリさ、電子番組表のベンリさはもう手放せない。今度はソニーの「スゴ録」にしようかしらんと薄い財布と相談する日々だ。