PR

 Office 2007から登場の「リボン」だが、なにかの操作の拍子にいままで表示されていたボタン類が表示されなくなってしまうことがある。これはウインドウの横幅が狭くなった場合に起こる。

図1 リボンのなかのボタン類は、画面の横幅が狭いと表示される数が減る。試しに狭くしたところ、「配置」「数値」「スタイル」「セル」のグループは、ボタンがひとつずしか表示されなくなってしまった。これは、画面の幅に合わせてグループの表示方法が変わるためだ

 試しにウインドウの縦辺を左右方向にドラッグして、横幅を狭くしてみよう。すると、それまでたくさん表示されていたボタンが1つのグループに1つ程度に減り、どこまでも狭くするとリボン自体表示されなくなってしまう。幅が狭くなると各グループの幅も狭まっていく構造になっている。

 ただし、この際も、ボタンをクリックすれば、ウインドウの幅を広げた時に表示されるのと同じ内容のボタンやメニューがドロップダウンメニュー形式で表示される。

図2 ボタンをクリックして表示されるドロップダウンメニュー(上図)には、画面の横幅を広げた時(下図)に表示されるのと、同じ内容のボタンやメニューが含まれる