PR

 洗濯機が突然動かなくなった。
 押しても叩いても、うんともすんとも言わない。
 メーカーに電話したら、「今混み合っていて、すぐに修理に行けない」と言
う。しかも、もし、部品を取り寄せることになれば、さらに時間がかかる。
 この暑い盛り、1週間も2週間も洗濯機なしで過ごすのはつらすぎるではない
か。

 10年近く使った洗濯機である。そろそろ買い換えてもいいかもしれぬ。
 以前から欲しかった一体型の洗濯乾燥機を買う良い機会に違いない。
 「ああもったいない」「直せば使えるのにもったいない」という至極ごもっ
ともな心の声に耳をふさぎつつ、近所のスーパーへ。
 家電売場でドラム式の洗濯乾燥機を注文し、翌日の配送を楽しみに意気揚々
と帰宅。
 その夜のことである。
 ふと洗濯機のスイッチを入れたら……なんと動くのである。どういうことな
んだこれは。
 何度もスイッチを入れたり切ったりコンセントを抜いたり刺したりしても、
ひたすら沈黙していた洗濯機だったのに、なぜ夜になったら動くのだ。夜型な
のか?低血圧だから朝は弱いのよあたし、とか言うつもりか、洗濯機のくせに。
困った。
 困っちゃったけれども、夜が明ければ念願のドラム式洗濯乾燥機が我が家に
来るのである。
 結局、新品を使いたいばっかりに、新洗濯機と引き替えに、旧洗濯機は翌朝
回収されていった。旧よ、すまん。物欲に負けた私を許しておくれ。

 家でじっとしていても汗がだらだら出る暑い日が続き、早速、新洗濯機は大
活躍である。
 東京の最高気温が36度を記録した火曜日の朝。
 汗でじっとり湿ったシーツを洗おうと思い、布団に手をかけたものの、あま
りの暑さにぐったりして、そのまま布団に倒れ込み寝てしまった私。
 30分ほど後、汗だくになって目が覚め、朦朧としたままパソコンを見ると、
なぜか画面が真っ暗だ。
 どうしてスクリーンセーバーが動いてないのだろう?
 ぼーっとしたまま、マウスをカチカチとクリックしたけれど、やはり真っ暗。
 スイッチを押す。コンセントを抜く。だが、画面は真っ暗なまんまである。
 どうしたんだ、iMac。しっかりしてくれ。
 書きかけの原稿、自分のWebサイトのデータ、大事なメール。君がいないと
何も出来ないんだよう。
 ふと本体に触ってみると、かなり熱くなっている。
 そりゃそうだよなー。30度超えたら人間だってぼんやりしちゃうよなー。
 というわけで、扇風機でしばらく冷やしてみたところ、数時間後、めでたく
復活。
 ああ、洗濯機みたいに慌てて買い換えなくて良かった。

 実は思い当たるふしがある。
 Macは、新しいパソコンを買ったり、あるいは持ち主が「そろそろ買い換え
ようか」と思ったりすると、途端に機嫌が悪くなると言われている。
 まあ、そんなジンクスは、偶然や思いこみに過ぎないわけだが、前回のこの
連載で、私は確かに「今のうちに『インテル入ってない』Macを記念に買って
おこうかと思ったりもする今日このごろ」と書いた。
 このくだりに反応してヘソを曲げたに違いない。
 すまなかった。もうあんな事は言わないからね。だから、機嫌直して元気に
働いておくれ。

 小さくて可愛いお弁当箱みたいなMac miniの購入を検討していることは、我
が家のiMacにはヒミツだ。