PR

 普段はデジカメのデータをパソコンにコピーする時くらいしか使っていない
USBポート。
 USBというのは“Universal Serial Bus”の略で、@niftyのデジタル用語辞
典によると「低速、中速向けのシリアル規格」だそうだ。
 試しにAltaVista - Babel Fish Translationで翻訳したら「普遍的な連続バ
ス」と出た。なんなんだそれは。

 日本語でも英語でも今ひとつ意味のわからない機能ではあるが、最近ではこ
のUSBポートに色々なモノが繋がるようになっているらしい。
 キーボードを照らすミニライトとか、携帯充電器とか、マイナスイオン発生
器とか、充電式電池のチャージャーとか、扇風機とか、ファン付き灰皿とか、
パソコン回りにあったらベンリそうなグッズが数多くリリースされている。
 さて、さまざまなUSBグッズの中でも特に気になるのが、「USB SKIN SENSOR」
なるグッズだ。
 これは、USBポートに接続したスコープで肌や頭皮を拡大してパソコン画面
に映すというおそるべきシロモノ。デパートの化粧品売場の店頭や、カツラ・
育毛メーカーのCMなどでおなじみのアレである。
 付属のソフトを使えば、スコープに映し出された画像を保存したり、その画
像をアルバムモードで見ることができるらしい。
 化粧品やシャンプー、育毛剤を替えたい時なんかに使えそうな機能だ。使用
前・使用後が確認できる。
 さらに、USB SKIN SENSORの説明を読むと、ものすごい事が書いてある。
 曰く「『USB SKIN SENSOR』は、USBカメラとして認識されますので、MSNメ
ッセンジャーなどを介して、相手に『USB SKIN SENSOR』の画像を、オンライ
ンで送る事が可能です」。
 えっ、メッセで画像を?
 いやいや、静止画像だけじゃない。「距離が離れてても、今の状態を動画で
見せることが可能です」とも書いてあるじゃないか。
 どうするよ、メッセ友達から、いきなり頭皮の拡大画像が送信されてきたら。
 話がはずむ? うーん、そうかなあ。

 「わ~、毛根に脂が結構たまってるね♪」
 「あ、やっぱり・・・」
 「でも、こないだのより、ずっとスッキリしてるよ(*^▽^*)b」
 「やったね\ (●^o^●)/」

 今、こうして書いている間にも、USB SKIN SENSORユーザーの間では、こん
なメッセージがやりとりされてるのだろうか。すごいよ、すごすぎるよ、科学
の進歩。

 四十の声を聞いて以来、めっきり肌の衰えを感じる今日このごろ。私もUSB
SKIN SENSORでお肌チェックがしてみたい。

 …と思ったら、このソフトはWindows 2000/XP対応。Macintoshでは動かない
のだった。くぅ~っ、またか! またWinか!
 なんて、悔しがっている場合ではなかった。実はこのところ我が愛機iMacの
調子がおかしいのだ。
 いろいろ不調はあるのだが、一番困っているのがCDを読み込まなくなってし
まったこと。これは本当に不便だ。システムを再インストールしようにも、CD
を認識しないのだからどうにもならない。
 Appleのサポートに電話したら「まずはお近くのセンターに持っていって見
て貰ってください」だと。
 毎日使ってるんだよう。これがないと何にも出来ないんだよう。ウチには車
もないんだよう。
 しばし悩んだ末に、えいやっと通販で買ってしまった。Mac mini。そう、お
弁当箱みたいなMacである。
 届いた荷物を見てビックリ。いや、想像以上に梱包が小さい。こんな小さな
箱に本当にパソコンが入ってるんだろうか?
 ああ、早くいじってみたい。Mac miniの性能に触れてみたい。
 しかし。
 日頃の怠惰がたたって、我が家はしっちゃかめっちゃか。コンパクトなMac
miniはともかくとして、液晶モニターの置き場所がない。まずは部屋を片づけ
るところから始めねば。
 というわけで、部屋が片づいた暁には、晴れてMac miniの使い心地をご報告する所存。いやはや面目ないっす。

@nifty:辞書AltaVista - Babel Fish TranslationUSBスキンセンサー