PR

4月のグランドオープンに向けてパソコンと向き合っているのが日常となっているのですが、今日は片道1時間かけて鎌倉まで行って来ました。
横須賀線が北鎌倉の駅に近づくと、春の日差しを受けた紅白の梅がかわいらしい花を咲かせているのが目に留まります。

さて、なぜ、こんな忙しい時期に「鎌倉」なのか。
別に現実逃避しているわけではありません。
「基本給」「能力給」「山分給」「サイコロ給」という給与体系を持っている変な会社を訪ねるためなのでした。

鎌倉に本社をおくKAYACは、絵の面積で価格を決める絵画販売ART-Merterや総務担当者向けのコンテンツサイト「総務の森」などをプロデュース・運営している会社です。

何しに行ったのかって?
詳細はまだご報告できませんが、4月以降のPCオンラインをご覧いただくときっとおわかりいただける形になっていると思います。(まどろっこしくてスミマセン)

なお、行き帰り2時間の車中は、日経バイト(現在は休刊中)で創刊時から連載していたジェリー・パーネル氏の「混沌の館にて」を読んで過ごしました。
この「混沌の館」、PCオンライン上で復活予定です。お楽しみに。

(佐藤)