PR

 アップルコンピュータの携帯音楽プレーヤー「iPod」(図1)が採用したことですっかり身近になった音声圧縮規格「AAC(Advanced Audio Coding)」。日本ではBSデジタル放送、地上デジタル放送、NTTドコモの「FOMA」なども音声圧縮技術の1つとしてAACを採用している。対応機器の数で言えばMP3をしのぐ普及度だ。

拡大表示

AACではMPEGの音声圧縮規格の1つ

 AACは、MPEGの音声圧縮規格の1つで、1997年に「MPEG-2 AAC」として規格化された(図2)。MPEG-1の登場後、MPEG-2が開発されたが、MPEG-2では互換性が重視された。MPEG-2オーディオはMPEG-1オーディオと基本的に同一の技術で、用途拡大のためにいくつかの機能が拡張されている。具体的には、低いビットレートで音質を改善するための低いサンプリング周波数の設定、サラウンド再生を可能とする多チャンネルオーディオなどが挙げられる。ただし、MPEG-1との互換性を重視したために制約が多く、音質改善には限界があった。

【MPEG音声圧縮規格開発の経緯】
拡大表示

 この問題を解消するため、従来規格との互換性に縛られない音声圧縮技術として開発されたのがMPEG-2 AACだ。AACは5チャンネルの音声信号を320kbpsに圧縮した場合でも圧縮前の音声と違いが聞き分けられない音質の良さを目標に開発された。もちろんモノラルやステレオでも利用が可能だ。音質面では、96kbpsのAACが128kbpsのMP3と同等とされている。

 AACはMPEG-4規格にも採用された。より低いビットレートでの圧縮率を改善するため、MPEG-4ではさまざまな音声圧縮技術が導入された。その中で「楽音」と呼ばれる音楽を含む高品位な音声圧縮のための技術として、AACと「TwinVQ」が採用された。MPEG-4 AACはMPEG-2 AACと基本は同一で、音質を改善するためにいくつかの点が強化されている。