PR

 表は文書にとって重要なアイテム。一覧表や集計表といった一般的な役割だけでなく、見出しやレイアウトに利用することも多い。基本的な作り方を押さえておこう。

 新しい表を作るときは「挿入」タブの「表」ボタンを利用する。ボタンをクリックするとマス目が表示されるので、マウスポインターを動かして行と列の数を指定すればいい。枠組みができたら表内に文字を入力し、必要に応じて列幅を調節する。列幅は、列を区切っている縦の中罫線を左右にドラッグして変更する。これで、ごくシンプルな表の完成だ。

拡大表示
図1 「挿入」タブ→「表」ボタンのマス目で行と列の数を選ぶ。表はライブプレビューされるので、作成前に枠組みを確認できる
拡大表示
図2 表に文字を入力していく。セルの幅より長い文字列は自動的に折り返される。リボンには表ツールの「デザイン」タブと「レイアウト」タブが表示される
拡大表示
図3 列の幅は、縦の中罫線を左右にドラッグして調節する

 表の作成中は、リボンには表ツールの「デザイン」タブと「レイアウト」タブが表示される。スタイル変更や行の増減など、表の編集作業に利用しよう。

拡大表示
図4 「デザイン」タブには、表のスタイルを設定するコマンドが並ぶ。ここでは1行目のセルに色を付けた。一行目を選択して、「表のスタイル」グループにある「塗りつぶしボタン」から好きな色を選べばよい
拡大表示
図5 行や列の追加と削除は「レイアウト」タブのボタンで簡単に実行できる。このほか、セルのサイズ調整、セル内の文字列配置といったコマンドが並ぶ