PR

 「挿入」タブの「表」ボタンで作成した表は、列幅がすべて同じになるため、たいてい後で幅を調節しなくてはならない。列幅は縦の中罫線をドラッグすれば変更できるが、いちいち手動で調節するのは面倒だ。うれしいことにWordには、列幅を文字列の長さに合わせる機能が用意されている。これを使って幅を一気に調節しよう。

 まず表内にカーソルを移動する。リボンに表ツールが表示されたら、「レイアウト」タブ→「自動調整」→「文字列の幅に合わせる」を選択する。これで列の幅は、一番長い文字列に合わせて変更される。

拡大表示
図1 表内にカーソルを移動して、「レイアウト」タブ→「自動調整」→「文字列の幅に合わせる」を選択する
拡大表示
図2 列の幅が一番長い文字列に合わせて変更される。文字が1行に収まり、コンパクトな表になった