PR

なんて思わせぶりに書いてみた。
というのも、アマゾン取材の成果も徐々に実践してゆかねばってことで。
『気を引くタイトル』は儲かるアフィリエイトのコツのひとつなのだ。
バイアマゾン。

「あは~~~ん、アレはそこじゃなくって、もっとこっちがわよぉん」
もだえているのは前回の画面を見たからだ。
その画面というのは

アフィリエイトの窓口である商品紹介が縦に並んでいた。
もう、ダメダメ君である。
『ワンクリックの画面にアフィリエイトの入り口があること』
バイアマゾン。
たしかに、スクロールは面倒くさいもんねぇ。
そこで、前回は商品を改行して張り付けたことを思い出した。
今回は横に並ぶように貼り付けてみたいので、改行なしでやってみるね。
画面を見るまでドキドキである。やっぱ、ここは自著ってことで。
そうそう、タントーサトーがこの本を自腹で注文してくれた。
売り上げ記録をチェックしたら、一冊だけだった。トホホ。
現在アフリエイト額は68円である。豪邸への道は遠い。
ねぇ、ゴッドハラ、あんたアタイの本を読んだことないよね。
3冊あれば昼寝の枕に、5冊を持てばダンベル代わりにもなるよ。

ていうか、ロープライス75円ってどういうことっ。
ブックオフ以下かよっ(怒)くやしいから自分で注文しようかな。
あっ、でも自分の買い物はアフィリエイトにならないのよね。チッ。

タントーサトーからの注:
今日、トコさんの本が届きました。(私はすでに1冊持っているのですが)
バナーでは隠れちゃっているのでフルタイトルを書いておきます。
「わたし主義でいく!女40歳からの脱専業主婦の生き方」
妻の気持ちが分からないお父さん、
何となく自分の妻が現状に不満を持っているのではないかと感じているお父さん、
妻の本音がこの本のどこかに隠れていると思います。
さらーに、この本、実は韓国語訳もされています。
韓国語版と併読すると韓国語の勉強もできます。たぶん。